利用規約

本規約は、株式会社IMCプランニング(以下「当社」という。)が運営するWEBサービスである「WORKPOT ライティング(ワークポット)」(以下「本サービス」という。)の利用における業務(以下「本件業務」という。)に関し、基本的事項を定めることを目的とする。

第1条 《定義》

本規約において、各用語は以下に定める意味を有するものとします。

(1)「本サービス」

弊社が運営管理するWEBサービス「WORKPOT ライティング(ワークポット)」をいう。(理由の如何を問わずサービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含むものとする)

(2)「ユーザー」

本サービスを利用する個人及び法人をいう。

(3)「クライアント」

当社に業務を委託するために本サービスを利用し、又は利用しようとする者をいい、本サービスに仕事を登録し、弊社もしくはワーカーからの見積りに対し、仕事を発注するユーザーをいう。

(4)「ワーカー」

依頼ならびに登録された仕事に対し見積りを提出し、クライアントから発注された仕事を受注するユーザーをいう。

(5)「受託者」

本サービスで定める取引形式において業務を受注したワーカー、もしくは受注発生の有無に関わらず業務内容に関係するワーカーをいう。また、その関係の大小は問わないものとする。

第2条 《本件業務》

本件業務とは、当社が本サービスを通じてクライアントから委託された制作に必要な業務の全部又は一部をいう。

第3条 《契約成立・変更》

1 本サービスを通じて業務を発注又は受託しようとする者(以下「申込者」という。)が本サービス上で本規約の内容を確認し、これに同意した上で、本サービスにおけるユーザーとして登録することを当社に申し込んだ時点で、当社と申込者との間に本規約に定める内容の契約(以下「本契約」という。)が成立するものとする。

2 ユーザーは、本規約の内容が事前の予告なく変更される場合があることについて予め承諾する。ただし、この場合、当社は、ユーザーに対して、変更の通知を行うものとする。

3 前項による規約変更の通知後にユーザーが本サービスを利用したときは、ユーザーは当該変更に同意したものとみなし、以後は変更後の規約が当社とユーザーとの間に適用されるものとする。

第4条 《登録》

1 当社は、本契約成立後速やかに、ユーザーからの登録申込みに基づき、ユーザー登録することとし、ユーザーはこれを承諾する。

2 ユーザーは、前項の登録申込みに関し、以下の事項を表明し、保証する。

(1) 法人又は18歳以上の個人であること。

(2) 未成年者、被補佐人又は被補助人であるときは、本契約の締結及びこれに基づく業務遂行について、法定代理人、補佐人又は補助人の同意を得ていること。

(3) 成年被後見人ではないこと。

(4) 名称又は氏名、電子メールアドレス、職歴、過去の業務実績その他登録申込時に当社に提供した情報がすべて真実であり、正確かつ最新のものであること。

(5) 既にワーカーとして登録されている者ではないこと。

(6) 他人に利用させる目的でないこと。

(7) 不正の目的をもっていないこと。

(8) 過去にユーザー登録を抹消された個人及び法人でないこと。

(9) 反社会的勢力又は反社会的勢力に協力・関与したこと等のある個人及び法人でないこと。

(10) 本サービスの目的および趣旨に合意していること。

(11) 本規約のすべての条項について内容を確認の上、これに同意すること。

(12) その他、ユーザーとして適格であると弊社が判断していること。

3 登録情報に変更が生じたときは、ユーザーは本サービスにおいて定められた方法に従い、直ちに当社にその旨を通知し、変更後の情報を提供しなければならない。

4 ユーザーは、登録された際に付与されるアカウントを、第三者に譲渡し、若しくは貸与し、又は担保に供してはならない。

5 弊社がユーザー登録の申込を承諾しない場合、弊社は当該申込者に対し、承諾しない理由を開示したり説明したりする義務を負わず、承諾しないことによって申込者に生じる損害については一切責任を負わないものとする。

第5条 《ID等の発行》

1 当社は、ユーザーに対し、ユーザーが本サービスにアクセスするための必要なID及びセキュアパスワード等(以下、これらを総称して「WORKPOT ライティング オンラインID」という。)を発行する。

2 当社は、必要に応じて、ユーザーに対し、本サービスの利用者であることを明示するために必要な携帯物(以下「WORKPOT ライティングパス」という。)などを発行する。

3 ユーザーは、WORKPOT ライティングパスの発行を受けたときは、業務の遂行時及びユーザーとして業務関係者やその他の第三者と対面するときは、WORKPOT ライティングパスを携帯し、ユーザーであることを明示しなければならない。

4 ユーザーは、WORKPOT ライティング オンラインIDに関する情報の全部若しく一部を紛失し、盗難され、又は第三者に漏洩した(そのおそれがある場合を含む。)場合、直ちに情報の保護のために必要な行動をとるとともに、当社が指定する電子メールアドレスに電子メールを送信する方法により当社に通知するものとする。

5 ユーザーがWORKPOT ライティングパスを紛失し、又は盗難された場合も、前項と同様とする。

第6条 《個別契約》

個別契約は、当社が本サービスにおいて、ワーカーに委託する本件業務(以下「委託業務」という。)の内容及び委託業務に対する業務委託料、委託業務にかかる成果物(以下「成果物」という。)の納期その他の個別契約にかかる取引条件を開示し、受託者が本サービスのシステム上で業務を受託する旨の意思表示をした場合に、当社が開示した取引条件(以下「個別規約」という。)を内容として成立するものとする。

第7条 《再委託の禁止》

受託者は、当社の事前の承諾を得ない限り、委託業務の全部又は一部を第三者に再委託することはできない。

第8条 《業務の報告》

受託者は、業務の進捗状況を本サービス上で逐次報告しなければならない。

第9条 《クライアントとの関係》

1 受託者が、クライアント又は本件業務に関係する第三者と面談するときは、受託者は、当社の事前の承諾を得た場合を除き、本サービスのワーカーであることを明示しなければならないものとする。

2 受託者は、業務に関連してクライアントその他の第三者(以下、本項においては「クライアント等」という。)と連絡を取る必要があるときは、本サービス又は当社が認めたシステムを用いてこれを行うものとし、その他の方法でクライアント等から連絡を受けた場合は、当該クライアント等に対し、本サービス又は当社が認めたシステムを用いて連絡するよう求めなければならないものとする。

3 受託者は、クライアントから本件業務の全部又は一部を直接受託し、又はクライアントに対し本件業務の全部又は一部を直接自己に委託するよう働きかけてはならない。

第10条 《ワーカーとの関係》

1 クライアントが、ワーカー又は本件業務に関係する第三者と面談するときは、クライアントは、当社の事前の承諾を得た場合を除き、本サービスのクライアントであることを明示しなければならないものとする。

2 クライアントは、業務に関連してワーカー又はその他の第三者(以下、本項においては「ワーカー等」という。)と連絡を取る必要があるときは、本サービス又は当社が認めたシステムを用いてこれを行うものとし、その他の方法でワーカー等から連絡を受けた場合は、当該ワーカー等に対し、本サービス又は当社が認めたシステムを用いて連絡するよう求めなければならないものとする。

3 本サービスを利用してユーザー間に成立する契約はいかなる意味でも雇用契約又は類似の労働契約とはしないものとし、これらに反する内容でのクライアントとワーカー間の定めは無効とする。本項の規定は本規約の如何なる規定にもかかわらず、クライアントとワーカー間の如何なる合意にも優先して適用される。

第11条 《ユーザー間の関係》

1 ユーザーは、仕事の形式にかかわらず、成立した契約を完了する義務があるものとする。

2 ユーザー間において発生する作業連絡については本サービスもしくは当社が別途指定する方法を通して、当社が指定する当事者と行うものとする。

3 ユーザーは、本サービスを介さずに報酬支払を行う、又はそれを勧誘する行為、勧誘に応じる行為(以下「直接支払い」と言う)を行ってはならないものとする(これは、本サービスで取引開始をしたユーザーと再度取引する場合を含む)。ユーザーが、本サービスを通じて知り合った他のユーザーとの間で、本サービスを通さずに仕事の受発注を行ったことが判明した場合、当社はユーザーから当該仕事の受発注を本サービスを通じて行ったとみなした場合に発生する報酬(第10条に定める金額のいずれか高い金額)の2倍に相当する金額(その額が100万円に満たない場合は100万円)を当社に支払うものとする。

4 ユーザー間において発生したトラブルにおいては、ユーザーは誠意をもって対応し、協議の上ユーザー双方の合意をもって解決するものとします。

5 ユーザー間において発生した法的義務の履行・トラブル対処等についてはユーザー間で解決するものとし、弊社は一切責任を負わないものとする。

第12条 《納品》

1 受託者は、本サービスにおいて定められた方法に従い、成果物を本サービスに提供するものとし、当社又はクライアントは、速やかにこれを検収する。

2 前項の当社又はクライアントの検収が終了した時点をもって納品完了とし、納品完了をもって委託業務が完了するものとする。

3 クライアントが検収する場合、当社又は受託者から業務にかかる成果物の引き渡しを受けた後、14日以内に速やかに検査を実施し、本サービスを通じて、合格の場合には、「検収OK」を、不合格の場合には「検収NG」を当社又は受託者に通知するものとする。クライアントが当社又は受託者に対して14日を経過しても通知しない場合には、「検収OK」したものとみなす。

第13条 《業務委託料の支払い》

1 クライアントは当社に対し、委託業務にかかる業務委託料を当社の指定する日にち以内に、当社の指定する銀行口座に送金する方法により支払う。ただし、送金手数料はクライアントの負担とする。

2 当社は受託者に対し、委託業務にかかる業務委託料を、委託業務の完了日から60日以内に受託者の指定する銀行口座に送金する方法により支払う。ただし、送金手数料は、日本国内への送金の場合は当社の負担とし、海外への送金の場合は受託者の負担とする。

第14条 《規約の遵守等》

1 ユーザーは、本規約、個別規約及び本規約又は個別規約に付随して当社が定めたすべての規約を遵守しなければならない。

2 ユーザーは、業務を遂行するにあたり、当社又は本サービスの社会的評価、信用等を損なわないように努めなければならない。

第15条 《成果物に関する知的財産権》

1 成果物の著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含む。)は、受託者が成果物を本サービスに提供した時点で、受託者から当社に譲渡されるものとする。

2 受託者は、成果物について著作者人格権を行使しない。

3 受託者は、成果物の全部又は一部に対して、意匠権、商標権、特許権、実用新案権その他の知的財産権を設定してはならない。

4 受託者は、成果物又はこれが記録された媒体の全部又は一部を第三者に譲渡し、若しくは貸与し、又は担保に供してはならない。

5 受託者は、当社に対し、成果物が第三者の著作権、著作者人格権、商標権その他の権利を侵害するものではないことを表明し、保証する。

第16条 《本サービスに関する知的財産権》

本サービスその他本サービスに関する著作権、著作者人格権、商標権その他の権利は、すべて当社に帰属し、受託者はこれを侵害してはならない。

第17条 《契約上の地位の移転》

1 受託者は、予め当社の承諾を得ることなく、本契約若しくは個別契約上の地位又は本契約若しくは個別契約に基づく権利若しくは義務を第三者に譲渡し、若しくは移転し、又は担保に供してはならない。

2 当社が、事業譲渡、合併、会社分割その他の方法により、本サービスにかかる事業を第三者に譲渡又は移転したときは、本契約又は個別契約上の地位、本契約又は個別契約に基づく権利及び義務並びに受託者に関する情報を当該第三者に譲渡又は移転することができるものとし、受託者は予めこれを異議なく承諾する。

第18条 《契約解除》

1 当社及びユーザーは、以下の各号の区分に従い、各号の電子メールアドレスに電子メールを送信することにより、いつでも本契約を解除することができる。ただし、本契約解除時に存する個別契約の効力には影響を及ぼさないものとし、当該個別契約については、引き続き本規約及び個別規約の適用を受けるものとする。

(1) 当社が解除する場合:登録情報における受託者の電子メールアドレス

(2) ユーザーが解除する場合:当社担当者の電子メールアドレス(ただし、ユーザーからの電子メールが当社に届いた旨の返信がユーザーに対してなされた時点で解除の効力が生ずる。)

2 前項の規定にかかわらず、ユーザーに次の各号の一に定める事由が生じたときは、当社は何らの催告を要することなく本契約及び個別契約を解除することができる。なお、当該解除の意思表示についても、前項に定める方法によることができるものとする。

(1) 個別規約に定める取引条件を遵守しなかったとき

(2) 破産、民事再生、会社更生又は特別清算手続開始の申立てを受け、又は自ら申し立てたとき

(3) 滞納処分、競売の申立て又は仮差押、仮処分、強制執行等の法律処分を受けたとき

(4) 前2号に定めるもののほか、ユーザーの経済的信用が悪化し、本件業務の遂行に支障をきたすおそれがあると当社が判断したとき

(5) 当社に提供した登録情報に虚偽があったとき

(6) 前各号に定めるもののほか、本規約、個別規約又は本規約若しくは個別規約に付随する規約の定めに違反したとき

3 前項による解除の場合において、ユーザーは当社に対し、委託業務に要した費用その他の金銭の請求をすることはできないものとする。

第19条 《本サービスの中断・停止》

1 当社は、システムの保守、システム障害、停電、火災、天災地変その他技術上・運営上の理由により、受託者に通知することなく、本サービスを中断することができる。

2 前項の場合において、本サービスの継続が困難であると当社が判断したときは、当社は、ユーザーに対して電子メールの送信又は本サービスその他のウェブサイトで告知することにより、本サービスを停止し、本契約又は個別契約を解除することができる。

3 本サービスの中断又は停止(これに伴う本契約又は個別契約の解除を含む。)によりユーザーに生じた損害について、当社は何らの責も負わないものとする。

第20条 《システム上の不具合》

1 本サービスその他本サービスに関連するシステム上の不具合が生じたときは、当社は復旧のために必要な措置を講ずるものとする。

2 本サービスその他本サービスに関連するシステム上の不具合によりユーザーに生じた損害について、当社は何らの責も負わないものとする。

第21条 《本件業務中の事故、労働災害等について》

1 当社は、ユーザー又はユーザーの使用人についての本件業務中の事故、労働災害、病気等については、一切の責任を負わない。

2 ユーザーは、前各項の労働災害、事故、損害が発生した場合は、直ちに当社に報告しなければならない。

第22条 《交通事故》

本件業務上で発生した交通事故については、ユーザーが責任をもって処理するものとし、当社はその責任を負わないものとする。

第23条 《秘密情報》

1 ユーザーは、以下の各号に定める情報を秘密として保持し、本件業務以外の目的に使用してはならず、これを第三者(SNS、メール、掲示板等のインターネット経由による特定第三者、不特定第三者を含む)に開示又は漏洩してはならない。また、当社の指示に応じて、速やかに秘密情報を返却又は再現不可能な方法により廃棄・消去することに同意するものとする。

(1) ユーザーに関する情報(ユーザーが本サービスを利用し、又は利用しようとしていることを含む。)

(2) 業務の内容(本件業務内容、個別契約内容、当社サービス内容のほか、一切の業務に関すること)

(3) 業務遂行過程によって知り得た、個人・企業・その他の組織・団体等に関する一切の情報、プライバシー等に関する連絡先や個人情報、その他一切の情報

(4) 本サービス又はその他本サービスに関連するシステムに関する情報

(5) 本サービスにアクセスするために必要な情報

2 ユーザーは、WORKPOT ライティング オンラインID及びWORKPOT ライティングパスを責任をもって厳重に管理するものとする。

第24条 《反社会的勢力排除》

ユーザーは、当社に対し、次の各号の事項を確約する。

(1) 暴力団、暴力団関係企業、総会屋若しくはこれらに準ずる者又はその構成員(以下、総称して「反社会的勢力」という。)ではないこと。

(2) 役員(業務を執行する社員、取締役、執行役又はこれらに準ずる者をいう。)及び使用人(嘱託その他使用人に準ずる者を含む。)が反社会的勢力ではないこと。

(3) 反社会的勢力に自己の名義を利用させ、本契約又は個別契約を締結するものではないこと。

(4) 本契約又は個別契約の有効期間内に、自ら又は第三者を利用して、次の行為をしないこと。

ア 相手方に対する脅迫的な言動又は暴力を用いる行為

イ 偽計又は威力を用いて相手方の業務を妨害し、又は信用を毀損する行為

第25条 《契約期間》

本契約の有効期間は、本契約成立日から1年間とする。ただし、当社又はユーザーから相手方に対して別段の意思表示がないときは、契約期間満了日の翌日から1年間延長されるものとし、以後も同様とする。

第26条 《クライアントとの紛争》

当社及びワーカーは、委託業務に関してクライアントとの間に争訟その他の紛争が生じたときは、速やかに相手方にその内容を通知するものとする。

第27条 《損害賠償》

ユーザーは本契約の履行に際し当社に損害を与えた場合、当社に対し当該履行により生じた賠償の責を負う。

第28条 《準拠法》

本契約及び個別契約は、日本法に準拠し、解釈されるものとする。本規約及び個別規約の解釈、適用についても同様とする。

第29条 《裁判管轄》

当社及び受託者は、本契約、個別契約又は本サービスに関して裁判上の紛争が生じたときは、東京地方裁判所を第1審の専属的管轄裁判所とすることに合意する。

第30条 《協議事項》

当社及びユーザーは、本規約若しくは個別規約に定めのない事項又は本規約若しくは個別規約に関して疑義が生じた事項については、誠意をもって協議の上、その解決を図るものとする。